アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
都市風景論
ブログ紹介
zoom RSS

遠い日の、若き父の仕事 〜世田谷区大原 2012.01.01.

2012/01/01 20:24
世田谷の実家に正月の挨拶に顔を出した。
笹塚駅からの途中に今も古いガレージが残っている。

父が駆け出しの頃に手がけたガレージ。
恐らく昭和30年代前半のものだと思う。

もう15年も前に他界し、時を同じくして家業の鉄工所を畳んでいる。
仕事は、錆びて朽ちたり、
そうでなくても建物の改築で姿を消しているものが多い。

何処にどんなものが残っているのか、全く知らない。
一緒に歩いていた時に、偶然に教えてもらったのがこのガレージだ。

いつ教えてもらったのか、全く思い出せないけど、
父と一緒に歩くなんて、暮れか、正月だったんだと思う。




▼素人目に見ても上手ではないガレージ
画像
記事へトラックバック / コメント


昭和10年築創業のホテル 〜雲仙観光ホテル 2011.12.21.

2011/12/31 23:44
戦前の建築で現在も営業を続けているホテルが日本で10数軒あるという。
富士屋ホテル、日光金谷ホテル、横浜ニューグランドホテル等々。。。

このホテルもその1つ。登録有形文化財。
スーパーゼネコンの竹中工務店が最初に手がけたホテルという。

当日のレストランで食事をしていたのは3組だけ。
一昨年の志摩観光ホテルもそうだったけど、オフシーズンのホテルのゆったりとした雰囲気はいい。



▼雲仙観光ホテル
画像





画像





画像





画像
記事へトラックバック / コメント


熊本フェリー 〜2011.12.22

2011/12/31 23:00
長崎から島原を経由して、熊本へは高速フェリーで渡る。
海鳥に餌などあげて遊んでいると30分ほどで熊本港に着く。料金も800円と安い。
しかし、市内まではバスで50分ほどとやや時間がかかる。




画像




画像
記事へトラックバック / コメント


熊本・旧大洋デパート  〜ダイエー熊本下通店 2011.12.24. 

2011/12/31 22:12
1973年に火災で103人の死者を出した建物がそのままダイエーの店舗として利用されている。

火災で強度不足となった柱は、補強で異様に太く、おまけに鏡が張られている。
狭さを緩和させるためとも、霊は鏡を嫌うからとも言われているようだ。

8Fまで店舗があるものの使用されているのは7階まで。
8Fにつながる停止したエスカレータの先は真っ暗だった。



▼旧大洋デパート
画像




▼市電  〜長崎や熊本には路面電車がある。かなり便利な乗り物だ。。。
画像
記事へトラックバック / コメント


猫がいる宿場町の町工場 〜赤羽・岩淵町 2011.12.31.

2011/12/31 21:47
日光御成街道の岩淵宿。
岩の湯のある通りには、古い酒屋や廃業した古い食堂などが残っている。

大晦日は、岩の湯で一年の〆の湯に入る。
この建物は、岩の湯の2軒隣の建物。
町工場のようだった。軒の上で野良猫が休んでいる。。。

小生の古い家にも野良猫がよく2階の軒まで上がってくる。
玄関の庇の上が彼らにとっては暖かく居心地がいいようだ。





画像
記事へトラックバック / コメント


青線的な雰囲気が微かに残る路地 〜小倉・京町飲食店街 2011.12.18. 

2011/12/28 23:26
青線的な雰囲気が微かに残っている。
そっちこっちに”女性募集”の張り紙がある。



▼京町飲食店街
画像
記事へトラックバック / コメント


関門連絡船への地下連絡通路  〜門司港駅 2011.12.18.

2011/12/28 23:15
門司港駅に残る旧関門連絡船の乗場につながる連絡通路跡。
門司港駅は、関門トンネルができるまでは”門司駅”で、九州の表玄関だった。
この威容を誇る駅舎は重要文化財。




画像





画像
記事へトラックバック / コメント


旧福岡県立連歌町病院 〜北九州市若松 2011.12.17.

2011/12/28 00:02

近くに連歌町遊廓があったため県立の病院が建てられたのだろうか。
細い道の奥に当時としては大きな建物だったはず。
時代からか、駐車場スペースなどは一切ない。

今年の春まで若松の労働組合評議会が使っていたけど、その組織が解散。
門は板で閉鎖されていた。

敷地の付属建物は既に解体。。。

ひょっとしたら、この建物も長くないのかも知れない感じだった。


▼旧福岡県立連歌町病院
画像
記事へトラックバック / コメント


旧三菱合資会社若松支店(大正2年) 〜北九州・若松 2011.12.17.

2011/12/26 23:38
洞海湾を戸畑から若松へ若戸渡船で渡るといきなり古いビル群と遭遇する。

この「上野海運ビル」は、元々は三菱合資が建てた若松支店の建物。
ほぼ100年前のビルながら内部の造りには眼を見張る美しさがある。
隣接するビルにはスリーダイヤのマークが残っていた。



画像




画像




画像




画像

記事へトラックバック / コメント


筑豊の石炭の積出し港として栄えた北九州若松 〜旧連歌遊廓の流れを組む”土井町” 2011.12.17

2011/12/26 23:15
北九州・若松。筑豊の石炭の積み出し港として栄えた町。
旧連歌町遊廓は消失したものの、その流れを組む”赤線”が、
今も脈々と息づいているという噂がある。

寒い道に三人ほどのぽん引きとおぼしき人たちが固まって立っている。
店は表通りから奥に分け入ったバラックの建物なのだろうか。。。

ひと風呂浴びて鶴の湯の帰りにも、
強烈な寒さの中でやはり同じ人たちが佇んでいた。




画像





画像





画像
記事へトラックバック / コメント


小倉・旦過市場 2011.12.18.

2011/12/26 22:39
小倉の台所。旦過市場。
大阪の鶴橋の規模とディープさには及ばないもののかなりディープだった。

しかし、再開発組合が組織されている模様。
計画の進捗は分らないけど、こんな光景も失われていく方向にある。



▼旦過市場
画像
記事へトラックバック 0 / コメント 3


小倉駅前 大丸ビル名店街 2011.12.18.

2011/12/25 23:14
小倉駅前の再開発予定地にある昭和30年台を彷彿とさせられる通路。
この路地を抜けると、ストリップ小屋や薔薇族専門の映画館、さらに進むと旧旭遊廓跡に広がる小倉のソープランド街に通じている。



▼小倉駅前
画像
記事へトラックバック / コメント


十条駅前の古い長屋建物に入る喫茶店 〜2011.10.26.

2011/12/05 23:15
十条銀座の入口近くにある木造の長屋に入る喫茶店。

小生はまだ未経験ですが、
気さくなマスターが、自家焙煎のこだわりの珈琲を出してくれる店ということです。。。

それにしても、十条銀座商店街、店が入れ替わる度に魅力が無くなっていく。。。


画像
記事へトラックバック / コメント


旧遊廓跡の北九州・戸畑。そこにレンタルルーム”貸座敷”。。。 〜戸畑 2007.01.28.

2011/12/04 23:16
北九州の若松と戸畑を結ぶ市営の渡船の船着き場。
その前に広がる旧築地町はかつて遊廓があった町。
今も微かに往時の名残がある。

かつて遊廓のことを”貸座敷”と言った。
何と戸畑を歩いていると”貸座敷”を英訳した看板が上がっているではないか。

玄関を入るとタイルで装飾されていて、遊廓時代の意匠がそのままに残っていた。

しかし、寂れきった北九州の戸畑で、レンタルルームとはこれ如何に。。。



▼旧遊廓跡の北九州・戸畑。そこのレンタルルーム。。。
画像
記事へトラックバック / コメント


昔は”山”だった。。。 〜世田谷区北沢、山の湯 2011.11.27.

2011/11/27 20:52
東北沢駅からアンティーク山本商店という店に行く。
東北沢駅は、地元だったけど、小田急線の地下化の工事で付近の様相が全く変わっていて戸惑った。。。

アンティーク山本商店では、目当ての古道具には出会えなかった。。。

写真は、近くの山の湯。
北沢川の河岸段丘を丁度登り切ったあたり。
あたりを見渡せる高台にあることが同湯の屋号の由来になっている。
向かいには菓子店。牛乳屋は無くなったけど、銭湯を中心とした風情が辛うじて残っている。



▼山の湯
画像
記事へトラックバック / コメント


写経用紙の販売宣伝する古い文房具屋 〜十条 2011.11.23.

2011/11/23 23:25
十条の区役所通り。

年賀状や喪中印刷の他に、
写経用紙の販売を宣伝する古い文房具屋がある。




画像
記事へトラックバック / コメント


大江戸骨董市 in 東武百貨店 〜池袋 2011.11.20.

2011/11/20 22:35
いつもは東京フォームで行われている大江戸骨董市が、会場の都合で池袋の東武百貨店で行われるというので池袋まで出かけて行った。

しかし、、、予想はしていたけど、規模がいつもの2割くらいとかなり小規模だった。
また、木陰もないし、なんか骨董を見ていても楽しくなくて、早々に退散。。。

そして、スマートフォンを買い換えようかと、ビックカメラに行ったり、
ジュンク堂で本を探したりと、いつものコースを辿る。

ただ、ちょっと洒落た喫茶店を見つけてホットミルクを頂いたのが、いつもとは少し違ったかな。



▼南池袋のちょっと洒落たカフェ
画像




▼東武百貨店の屋上
画像
記事へトラックバック / コメント


上野の山を開削して設置されている日暮里駅 〜日暮里駅 2011.11.19.

2011/11/20 06:51
日暮里駅は上野の山の斜面を削って設置されている。
上野の山側は切り通しのようになっていて、上は谷中墓地がある。
反対側は、駅が高台のようになって、東日暮里、三河島に通じている。

そして、日暮里駅の屋根などの構造材には古いレールが使われている。
代々木駅、水道橋、浅草橋など東京近郊などにはそんな駅が多い。
いずれも、これらの駅は感傷的な哀愁を湛えているように感じている。

今日は、台風に近い風雨で日暮里駅の崖は雨に濡れ緑が瑞々しかった。。。



▼日暮里駅の京浜東北線ホーム
画像
記事へトラックバック / コメント


仁王門美容室のある路地 〜名古屋・大須 2011.11.04.

2011/11/18 00:08

名古屋の大須。
枯れた商店とともに、脇道にも古い光景が残っている。



▼仁王門通りから脇に入る路地。右手の美容院が仁王門美容室。
画像
記事へトラックバック / コメント


名古屋のデパートの屋上に残る、現存日本最古の観覧車 〜名古屋・栄 2011.11.05.

2011/11/15 23:53
三越屋上の観覧車のある寂れた風景は良かった。

1956年製の二代目の古い観覧車。
2005年に運転休止、国の登録有形文化財に登録されている。

名古屋において文化を発信してきた歴史あるデパートなのに、そんな文化財の案内が見あたらなかったことが不思議だった。

▼旧オリエンタル中村百貨店の観覧車(2代目)、1958年製造【登録有形文化財】
画像
記事へトラックバック / コメント


赤羽の廃業喫茶店”珈琲ハトヤ”のある風景 〜2011.11.13.

2011/11/13 21:53
稲付川を暗渠化した”稲付の小径”を歩いて赤羽に買い物に行く。
途中の何気ない風景をリコーのGXRでスナップして歩く。。。


▼廃業喫茶店の赤羽”珈琲ハトヤ”
画像



▼植物が絡まったアパートの窓
画像



▼初めて見た時には人が住んでいたけど、久しく空家のよう
画像





画像




画像




画像

記事へトラックバック / コメント


”BARとき”のある路地裏の風景 〜名古屋・大須新地 2011.11.04.

2011/11/12 09:51
先月、親しくさせて頂いている大倉ひとみさんが銀座で個展「幻燈街」を開いた。
隘路に蝟集するスナックを印象的に描いた絵が並んでいた。

そこに、この”BARとき”が描かれていた。
画伯とは指向が似ているので、実際に小生も見たことがある街を描いた絵もあったけど、
”BARとき”は知らなかった。

”大須”とだけ聞いていた。
大須は、2度ほど歩いたことがあったけど、この路地は知らなかった。

個展から1月も経たないうちに大須を訪れる機会が巡ってきた。
急だったので、具体的な位置を聞くことも出来なかったので、辿り着くまでに少々苦労した。

それは「大須新地」と呼ばれている一角の細い路地の入口にあった。
中から人が出てきたので、聞けば閉店して15年ほども経つという。
間口の本当に狭い建物だけど引きつけられる美しさがある。
朱鷺をイメージしているのだろう、ドアの内側には黒と朱の目隠しが下がっていた。

大須新地。
かなり惹かれる路地裏の風景があった。

名古屋はこんな風景が多い。
名古屋には行きたい所がいくつもある。。。



画像




画像




画像




画像
記事へトラックバック / コメント


名古屋の旧漁村で見た哀愁の風景 〜名古屋市中川区下之一色 2011.11.04.

2011/11/12 09:11
名古屋市中川区の庄内川と新川に挟まれた島のような下之一色。
その堤から新元湯という古い銭湯に降りる道。

6年振りに訪れたけど、喫茶は廃業、湯上がりに一杯やった食堂も閉店久しい感じだった。
元々寂れていたけど、その荒廃ぶりは目を覆うばかりだった。

昭和44年まで名古屋市電の下之一色線が通り、その終着駅だった下之一色。
近くに国道1号線が通っているけど、今は名古屋からアクセスしにくい交通事情になっている。

堤防を造り漁師町の機能が失われてからここに住む必要がなくなった人も多い。
魚市場が残っているけど、日比野の中央卸売市場が開設されるまで、下之一色が名古屋の台所だった。
今は、トラックで魚が運ばれてくる小さな魚市場になっている。

そして、8軒あった銭湯も今は大正時代創業の新元湯の1軒になってしまった。
近くにかなり大きなヱビス湯という廃業銭湯がある。
こんなにも大型の銭湯が必要だったほどに栄えていた時代があった。

哀愁漂う、下之一色。。。


▼新元湯へ下る階段。
 堤の向こうには今も小さな魚市場があって、その向こうは新川が流れている
画像



▼下之一色の目抜き通り。開いている店は1割か2割ほど。
画像




▼下之一色・旧ヱビス湯。かなり大型の銭湯。 〜6年前と全く変わっていない。
画像




▼1本入れば端正な住宅が並んでいる。
画像



▼正色市場 〜八百屋と肉屋くらいで、他は撤退していた。。。
画像




記事へトラックバック / コメント


東京駅八重洲口 2011.11.01.

2011/11/03 00:28
東京駅は八重洲口も丸の内口も工事中。

八重洲口は、新しい高層ビルを建設中。
丸ノ内側は、煉瓦造の駅舎を元の三階建てに復元工事中だ。

写真は、八重洲ビルの17階からの風景。
直ぐ傍らには大きなクライミングクレーンがあった。




画像
記事へトラックバック / コメント


東京都庭園美術館 〜アールデコの館 2011.10.29.

2011/10/30 01:43
昭和8年に浅香宮邸として建てられた建物。

東京都の美術館として何回か訪れたことがあるけど、今回は改修工事のため11月1日からの長期休館前に建物そのものを見せるという企画。
いつもは内部の撮影は禁止されているけど、今回は撮影が許されている。

最終日近くのためかなり混雑していた。
また、かなり立派なカメラを持ち込んで撮影している人が多かった。

フィルムの時代は建物内部の撮影は難しかったけど、皆さん気軽に撮影している。
カメラの進歩のおかげだなぁと感じ入っていた。。。




画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像





画像
記事へトラックバック / コメント


十条 2011.10.29.

2011/10/30 01:00
この桜並木は、今は環状7号線に分断されているけど、旧陸軍の射撃場(現梅ノ木小学校)に繋がっている。
旧軍時代は、射撃場から現在の自衛隊の十条駐屯地までトロッコの軌道もあったらしい。
この地で生まれ育った大家さんが教えてくれた。


画像




十条の畳屋さんの前に停まっていたバイク&リヤカー。
いまだにリヤカーが現役で活躍していることにちょっと感動してしまいました。


画像
記事へトラックバック / コメント


二子玉川駅 2011.10.22.

2011/10/23 06:49
二子玉川ライズへ。
広々とした多摩川の河原の風景は相変わらず。
好きな風景の一つだ。

今日と同じように雨が降りそうな曇り空の下、父が運転する車の窓から、併用軌道の二子橋を走る玉電を追っかけながら間近に見た記憶が残っている。
祖父の最期、生田の病院に入院していた昭和 44年頃の風景の記憶の1コマだと思う。

河畔の富士観会館も今は無い。風光を愛でる風情は無くなったけど、多摩川の風景はあまり変わっていないのかも知れない。
案外に雄大な景色がある。


▼二子玉川駅のホームからの風景 案外に雄大な風景だと思っている。。。
画像

記事へトラックバック / コメント


自由が丘 2011.10.01.

2011/10/02 01:08
久しぶり東急東横線に乗り、自由が丘で乗り換え。
この電車は違うけど、新しい車両が導入されている。

近い将来、副都心線と繋がって、練馬や埼玉と横浜方面が繋がるという。




画像
記事へトラックバック / コメント


六本木 2011.09.28.

2011/09/28 23:08
六本木のビルの屋上からの風景。

眼下にホテルオークラ。
少し先に東京タワー、東京湾が見える。

陽光うららかな、東京の午後の風景だった。




画像





画像
記事へトラックバック / コメント


鬼海弘雄/江成常夫写真展 2011.09.24. 〜東京都写真美術館

2011/09/25 00:44
今日は、白金台で打ち合わせの後、代官山、青葉台、表参道と陶器を見て歩き、恵比寿の東京都写真美術館で、鬼海弘雄と江成常夫の写真展を見に行った。

写真展はまずまず面白かった。
特に、鬼海弘雄の6×6で撮影した町の風景写真が良かった。

江成常夫は、写真のお手本としている写真家。
この写真家は実に被写体をきっちりと撮影する。

場所を取る写真集の大半は処分してしまったけど、江成常夫の「まぼろし国・満州」は処分できなかった。。。



▼目黒区青葉台
画像




▼代官山
画像




▼上野駅
画像
記事へトラックバック / コメント


三河島 201109.24. 〜やきとん すずや

2011/09/25 00:30
三河島の雲翠泉という銭湯に入りに行った。
ここは東京で何番目かに入るだろうレトロ度の高い郷愁銭湯だ。

今日も体調の関係で、”やきとん”は食べられないけど、
近くには惚れ惚れするような飲み屋がある。

今度は、ここで一杯引っかけてから雲翠泉に行きたい。。。



▼やきとん すずや
画像
記事へトラックバック / コメント


立石 2011.09.23. 〜かつて赤線があった町

2011/09/24 00:12
彼岸の中日。生田の墓地に、少ない家族全員が集まって、父の墓参り。
そして、いつも通り駅前の寿司屋で昼飯を食べて、そして散会。。。

新宿に出て、百貨店のハシゴをした後、来るパーティの打ち合わせ。

その後、一路、押上に行き、東京切っての郷愁のボロ銭湯の第二香藤湯で心の洗濯をする。

急にB級飲み助の聖地、立石に行きたくなる。
そして、「蘭州」で魅惑の水餃子を鱈腹いただく。

水餃子より何たって焼き餃子派だったけど、ここの水餃子は信じられない程に美味しい。
水餃子に対する認識を変えさせられた。。。

ここ立石はかつて赤線があった地。蘭州からも近いその路地裏を探索。。。再開発計画はあるものの線路沿いの”呑んべ横町”はそのままの姿で残っている。

しかし、この呑んべいオヤジの聖地・立石に若い女の子が多いこと多いこと。
昔、オヤジギャルという言葉があったけど、そんな時代と違って、この町に自然に溶け込んでいる。



▼旧赤線建物のかつての営業用の入口
画像




▼赤線地帯への大門的な広告看板
画像

記事へトラックバック / コメント


藤沢・善行 2003.04.24. 〜建物の階段は素敵だ

2011/09/21 22:52
建物の中でも特に階段が好きだ。
建物に入っても階段でシャッターを切る階数が特に多い。
それは、写真を始めた高校生時代から変わらない習性。。。

階段の魔術師・村野藤吾の螺旋階段の官能的とも思える螺旋階段はもちろん素晴らしい。

しかし、この建物の素朴な外階段も素敵だ。
時を経て隣にある立木とのバランスが何ともいい。。。

写真は、旧藤沢ゴルフクラブのテラスに付属する外階段。


▼旧藤沢ゴルフ倶楽部
画像


藤沢市善行7-1/昭和7年(1932) /設計:レーモンド/RC3階

特徴的なエメラルドグリーンの瓦の色から、「グリーンハウス」と呼ばれている。レーモンドの建築にしては異色のスパニッシュ調。施主の意向rらしい。

藤沢ゴルフ倶楽部は、昭和5年に発会、昭和6年12月に9ホールで仮オープン。そして、昭和7年5月に18ホールでグランドオープンしている。
総工費60万円もの巨費を投じて造られた、関東8大ゴルフ倶楽部に列せられる名門コースだったらしい。

しかし、昭和18年には、練習部隊だった藤沢海軍航空隊として徴用され、この建物は司令部となった。終戦後の昭和20年9月には米軍に接収。その後、クラブハウスは引き揚者住宅となった。その中には、左翼思想家の福本和夫がいたらしい。

昭和28年には神奈川県に移管された。現在は神奈川県立体育センターの第二合宿所とセンターの食堂「玉屋」になっている。
記事へトラックバック / コメント


十条・渋谷・表参道 2011.09.18.

2011/09/19 00:37
暑さ寒さも彼岸まで。
その彼岸を週後半に控えているけど、今日は33℃の予報だった。
そして、日差しも灼熱の夏の日差し。。。

所用があって、表参道まで出かけて行く。

年々、人の多い所が苦手になっていくのが分かる。
なんで、こんなに暑いのにみんな原宿あたりを歩いているんだろう。
そう恨めしく思えるほどにたくさんの人が歩いている。



▼十条駅
画像




▼東京メトロ・渋谷駅 渋谷駅のつぎはぎ構造も数年かけて改築が行われる
画像




▼表参道交差点
画像
記事へトラックバック / コメント


堀切菖蒲園  〜かつての遊所跡といわれる古いアパート 2011.09.18.

2011/09/18 23:33
堀切菖蒲園の「星の湯」という銭湯に出かけた。

荒川の堤防の上、煙突よりもかなり高い位置に中央環状線の堀切ジャンクションが通るため、風景としてはやや荒涼としているものの、築50年を超える伝統的木造銭湯にして、いい郷愁銭湯だった。

帰りに近くを散歩していて見つけたのがこの古いアパート。
円窓があって、廊下はタイル張りという尋常ならざるアパートだ。

果たして、物見遊山の客を当て込んでの遊所の名残らしい。

入口には大きな柳の木があり、奥には同規模のもう1棟の建物があったという。
そのせいか、この古いアパートが満室らしい。
取り壊されるのではという話を聞いたけど、かなり難しいのではと感じる。



▼地元の方から元遊所という話を聞いた古いアパート
画像
記事へトラックバック / コメント


大塚 201109.14

2011/09/14 22:27
巣鴨のスポーツセンターから駒込の霜降商店街まで散歩。
ここの商店街は夕方なのにゆったりと時間が流れていていい。
駅から近くはないけど、寂れているという風でもなく、売る方も買う方ものんびりとしている。。。

夕飯は、大塚に移動して「小閣楼」。
ここは特に担々麺が美味しいお気に入り。

しかし、今日は厨房に中国人の老シェフの姿が見えない。。。
恐らくその為だろうと想像するのだけど、頼んだ料理がすべてイマイチだった。
看板メニューの担々麺も支店の千駄木・毛家麺店に完全に劣っていた。



▼大塚・小閣楼
画像





画像
記事へトラックバック / コメント


日本橋 2011.09.11

2011/09/13 23:39
日本橋の永代通りと高島屋の間のかなりの面積の土地が更地になっている。

ここには、三井住友銀行、大和投信資顧問、はいばら、大同生命などのビルが並んでいた。
それぞれ、古いビルではなかったが、一気に再開発されることに驚く。

土地は有限だけれど、再開発で面積と高さが拡大して、都心でも有限とは思えない供給がある。




▼COREDO日本橋から
画像
記事へトラックバック / コメント


十条 2011.08.21.

2011/08/21 16:58
今年も、10日10日の銭湯の日に東京銭湯ナイトが歌舞伎町のロフト・プラスワンで行われる。
今回で、7回目にもなる。

過去、何回かお手伝いをし、今回も。。。

今日、町田忍らの面々とミーティング。
今回は、どんなものになるのかな・・・。



▼十条富士見銀座商店街
画像


元々、闇市が源流という十条の商店街。この建物の奥行は1メートルもない。
下北沢駅前商店街の小田急線の際もかなりこれに近かったけど、闇市を発祥とする商店街の店舗のなかでも出色の小ささだと思う。



▼東十条駅前
画像
記事へトラックバック / コメント


尾山台 2011.08.20.

2011/08/20 23:22
洋菓子を買いに行き、20数年振りで尾山台の商店街を歩いた。
当時はまだ大井町線は緑色の電車だったと思う。
今日乗ったのは、見たこともない流線型がかった電車。かなり進化している。

洋菓子を吟味して、店でパイナップルジュースを頂いた後、
近くの休業中の松力の湯を見に行く。

果たして休業中の張り紙。。。
一方で、端正な銭湯で、庭木の手入れは続けられていると感じた。

帰りは、用賀駅で途中下車して藤の湯。
和風でリノベートされたことで有名な銭湯。
想像していたよりもなかなかいい銭湯だった。




画像




画像




画像





画像
記事へトラックバック / コメント


十条 2011.08.13 〜無線LANテレビ。我が家の地デジ対応完了!

2011/08/13 19:43
かなり暑い日が続く。
商店街の天然氷のかき氷屋は整理券を配るほどの長い列になっていて、ありつくことが出来ない。

そんな中、我が家の地デジ対応は未了だったけど、今日、シャープのテレビが我が家に到着した。

チューナー部分とパネルが分離して、バッテリーを積んだ20インチの”テレビ”は無線LANでつながっているので、家のどこにでも持ち運ぶことができる。

チューナー部分は弁当箱よりも小さい大きさ。
取っ手が付いたパネルは3キロほど。

バッテリーの耐久性の問題もあるので、今までの14型のブラウン管テレビのように10数年使うということはできないだろうけど、面白そうではある。

当面はテレビは、見ないときは押し入れに片付けられることになりそうだ。。。



▼十条
画像
記事へトラックバック / コメント


秋葉原 2011.08.08.

2011/08/08 22:03
錦糸町でかつての会社の教習所と呼ばれていた研修所の”幹事”に遭遇した。

10数年ぶりにもなるだろうか。

名刺を渡したら判ってもらったけど、
「頭が変わって直ぐには判らなかったよ」と。

確かに異論はないが、かつての上司は、いつまでも上司。。。



▼秋葉原
画像
記事へトラックバック / コメント


村野藤吾マニア/ウェスティン都ホテル京都 2011.07.21

2011/08/05 23:14

小生、何を隠そう村野藤吾マニアである。
村野藤吾が設計した旧千代田生命保険相互会社の本社(現目黒区役所)で10数年を過ごしたのが発症の理由だと思っている。

村野マニアの前に螺旋階段マニアでもあるのだけど、
村野が設計した建物には印象的な螺旋階段が置かれることが多い。

千代田生命の本社の2階、3階、4階を結んでいた、
つり階段による華麗な螺旋階段は、
その建物を離れて10年以上経った今でも思い出す。

この京都・蹴上の老舗ホテルにも、千代田生命の螺旋階段ほどではないものの、軽やかな螺旋階段があった。



▼螺旋階段
画像
記事へトラックバック / コメント


十条 2011.07.15.

2011/07/15 23:23

今日から夏期休暇。普段なら8泊9日というような銭湯行脚のツアーに出るところだけど、今回は色々と用事があって、休みの真ん中くらいに暑い大阪と京都にそれぞれ2日くらいずつ滞在するだけ。

今日は、トラブル続きのデルのPCをVAIOに置き換えた。
データを移行させたり、ソフトを積み替えたり、3年ぶりのこととはいえ面倒くさい。

部屋の温度は38度。体調も悪くなりそう。。。

夕方、多少気温も下がったので池袋まで本を探しに出た。
夕飯は十条の「ほり」。
銭湯には行くことができなかった。



▼十条
画像
記事へトラックバック / コメント


西川口 2011.07.10.

2011/07/10 21:28
昨日明けた梅雨。
もうすっかり夏の日差しになっている。

朝から、タフなメニューをこなし、やっと夕方近くに西川口の銭湯にたどり着いた。

喜楽湯。強烈に”川口らしさ”を放つ銭湯だった。


▼西川口駅
画像




▼浦和駅 湘南新宿ライン停車に向けてホーム増設中。だいぶ工事も終盤になってきたようだ。
画像




▼表参道 さるお店の窓から
画像

記事へトラックバック / コメント


蕨 2011.07.09.

2011/07/10 00:02
平年よりも10日ほど早い梅雨明け。
風がどことなく夏風に変った。

川口市の外れの安行領根岸という、旧安行村だったところにある根岸浴泉に入りに行った。
さほどの郷愁銭湯という感じではなかったけど、いい銭湯だった。
埼玉の銭湯は清潔で気持ちがいい。

帰りは、北上してさいたま新都心のショッピングモールで一杯。

ここの恵比須湯は優れた郷愁銭湯だった。。。
また行きたい。

毎日、保冷剤を抱いて寝る熱い日々。
夏バテしないようにしなければ。。。



▼蕨
画像
記事へトラックバック / コメント


十条 2011.07.08.

2011/07/09 11:46
かなり昔、プールバーなるものが流行ったけど、
もっと昔からありそうな場末のビリヤード場。

窓ガラスに赤玉と白玉のシールがあるだけでなく、
入口のドアの取っ手も赤玉と白玉。

もうウン十年もビリヤードなんぞやっていないけど、
何かやってみたくなってきた。。。



▼お洒落さとは無縁の「丸福」というビリヤード場
画像
記事へトラックバック / コメント


十条 2011.07.02.

2011/07/03 01:36

今年は節電対策もあって、通常の5営業日連続の休みの他に、3営業日別に休日を取得しなければならない。

今回のツアーは、好きな村野藤吾氏が設計したホテル3カ所を拠点に、銭湯三昧、飲んだくれのツアーを構想。

今日は、午後からずっと”郷愁銭湯”を求めてネットサーフィンを繰り返していた。

大阪は、東京と比べると、釜ヶ崎エリアを中心に朝からやっている銭湯も多い。
夜は勿論のこと、朝風呂も楽しめると頬を緩めている。。。



▼十条
画像
記事へトラックバック / コメント


浅草 2011.07.01.

2011/07/02 00:48

今日からサマータイム。
16:10終業なので、早めに引けて風呂にでも行こうかと考えていた。

すると、リコーが”ペンタックス”を買収するとのニュースが流れてきた。

リコーは、手元に3台あって、最近の写真はすべてリコーのカメラで撮影している。
下の写真はGXRで撮影している。
小学生時代のリコーオートハーフに始まって、何台使ったのか分からないくらい使い倒している。

一方のペンタックスは、最近でこそ出番が少なくなったものの、K-10DとKmなど、一眼レフのメイン機として使っている。

そんな身近なカメラの話だったので、M&A的にはさほど大きな案件ではないけど有楽町のペニンシュラホテルで開かれたリコー・近藤社長とHOYA・鈴木CEOの共同記者会見に出かけて行った。

2年ほど前にリコー側からアプローチしたという。ペンタックスは、それ以降、益子の工場を閉鎖し、大規模なリストラを行って前2011/3期にはカメラ事業を若干の黒字にまで浮上させた。一方、リコーは玄人受けするカメラを造り出しながらも、ビジネスとしては成功していない。

カメラは、「写真」というだけでなく、情報の入力装置として重要性を帯びてくるし、ネットワークサービスを志向するリコーにとっては重要なデバイスになると近藤社長は話されていた。

赤字のカメラ事業について、近藤社長はかなり精通していることが以前から不思議だった。恐らく、写真やカメラというものに個人的にも相当な思い入れをお持ちなんだと想像している。だから、なんとか、立て直さなければと考えているんだと感じている。

記者会見場を出て、ペンタックスの営業の友人に電話をする。
双方にとっていい話だと理解したが、当事者としてはどうかと質問した。

間髪を入れず、それはそう思うという回答だった。

ペンタックスのカメラ事業の中にリコーのカメラ事業が統合される形態になるらしい。
GXRのライカMマウントのマウントユニットは予定通り発売されるのかなぁ。。。



▼浅草
画像
記事へトラックバック / コメント


西新宿 2011.06.18.

2011/06/29 21:54

今日(6/29)は暑い。

夕飯を食べて2階に上がってきたら32.5℃もある。
PCのスイッチを入れて、このブログを更新していたら現在33.5℃。。。

家だけならまだしも、今年は会社も暑い。
そして、まだ6月。

平年よりも暑い日が続くという。

去年は脱水症状で救急車で運ばれてしまった。。。
今年は熱中症には気をつけよう。



▼新宿駅西口
画像




▼西新宿オアゾ
画像

記事へトラックバック / コメント


新宿駅 2011.06.26.

2011/06/27 21:49

最近、よく新宿のヨドバシカメラに修理に出かける。。。(涙)

 RICHO/GRDU(レンズユニット交換という修理見積もりがあまり高いので廃棄。GRDVを購入)
 RICHO/GX200(液晶パネル交換、マニュアルのシャッターダイヤル組み直し)
 RICHO/GXR(S10レンズユニットにプログラムのバグ発覚→書き換えてもらう)
 キングジム/ポメラ2台ともキーボード交換
 再びRICHO/GX200の不調(スポットAFで焦点が固定しなくなる)

これほど、までに”病院送り”が重なるのは珍しい。

そうこうしているうちに、半年前に修理したばかりのDELLのパソコンがまた同じ症状でダウン。
(修理の保証期間は3カ月。泣く泣く、SONY/VAIO-Lを発注)

それと、小生宅は未だ地デジ対応未済。。。
テレビ売り場に行けば、大型テレビを買えるようなお宅は対応済につき閑散・・・。

小生が狙っているような、陋屋仕様の小型テレビ売り場は順番待ち。
そろそろ、20年選手のSONYのトリニトロン(14型)の代役を考えなければ。。。



▼新宿駅
画像
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

都市風景論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる