都市風景論

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅草 2011.07.01.

<<   作成日時 : 2011/07/02 00:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0


今日からサマータイム。
16:10終業なので、早めに引けて風呂にでも行こうかと考えていた。

すると、リコーが”ペンタックス”を買収するとのニュースが流れてきた。

リコーは、手元に3台あって、最近の写真はすべてリコーのカメラで撮影している。
下の写真はGXRで撮影している。
小学生時代のリコーオートハーフに始まって、何台使ったのか分からないくらい使い倒している。

一方のペンタックスは、最近でこそ出番が少なくなったものの、K-10DとKmなど、一眼レフのメイン機として使っている。

そんな身近なカメラの話だったので、M&A的にはさほど大きな案件ではないけど有楽町のペニンシュラホテルで開かれたリコー・近藤社長とHOYA・鈴木CEOの共同記者会見に出かけて行った。

2年ほど前にリコー側からアプローチしたという。ペンタックスは、それ以降、益子の工場を閉鎖し、大規模なリストラを行って前2011/3期にはカメラ事業を若干の黒字にまで浮上させた。一方、リコーは玄人受けするカメラを造り出しながらも、ビジネスとしては成功していない。

カメラは、「写真」というだけでなく、情報の入力装置として重要性を帯びてくるし、ネットワークサービスを志向するリコーにとっては重要なデバイスになると近藤社長は話されていた。

赤字のカメラ事業について、近藤社長はかなり精通していることが以前から不思議だった。恐らく、写真やカメラというものに個人的にも相当な思い入れをお持ちなんだと想像している。だから、なんとか、立て直さなければと考えているんだと感じている。

記者会見場を出て、ペンタックスの営業の友人に電話をする。
双方にとっていい話だと理解したが、当事者としてはどうかと質問した。

間髪を入れず、それはそう思うという回答だった。

ペンタックスのカメラ事業の中にリコーのカメラ事業が統合される形態になるらしい。
GXRのライカMマウントのマウントユニットは予定通り発売されるのかなぁ。。。



▼浅草
画像

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
浅草 2011.07.01. 都市風景論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる