都市風景論

アクセスカウンタ

zoom RSS 立石 2011.09.23. 〜かつて赤線があった町

<<   作成日時 : 2011/09/24 00:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

彼岸の中日。生田の墓地に、少ない家族全員が集まって、父の墓参り。
そして、いつも通り駅前の寿司屋で昼飯を食べて、そして散会。。。

新宿に出て、百貨店のハシゴをした後、来るパーティの打ち合わせ。

その後、一路、押上に行き、東京切っての郷愁のボロ銭湯の第二香藤湯で心の洗濯をする。

急にB級飲み助の聖地、立石に行きたくなる。
そして、「蘭州」で魅惑の水餃子を鱈腹いただく。

水餃子より何たって焼き餃子派だったけど、ここの水餃子は信じられない程に美味しい。
水餃子に対する認識を変えさせられた。。。

ここ立石はかつて赤線があった地。蘭州からも近いその路地裏を探索。。。再開発計画はあるものの線路沿いの”呑んべ横町”はそのままの姿で残っている。

しかし、この呑んべいオヤジの聖地・立石に若い女の子が多いこと多いこと。
昔、オヤジギャルという言葉があったけど、そんな時代と違って、この町に自然に溶け込んでいる。



▼旧赤線建物のかつての営業用の入口
画像




▼赤線地帯への大門的な広告看板
画像


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
立石 2011.09.23. 〜かつて赤線があった町 都市風景論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる