昭和10年築創業のホテル ~雲仙観光ホテル 2011.12.21.

戦前の建築で現在も営業を続けているホテルが日本で10数軒あるという。
富士屋ホテル、日光金谷ホテル、横浜ニューグランドホテル等々。。。

このホテルもその1つ。登録有形文化財。
スーパーゼネコンの竹中工務店が最初に手がけたホテルという。

当日のレストランで食事をしていたのは3組だけ。
一昨年の志摩観光ホテルもそうだったけど、オフシーズンのホテルのゆったりとした雰囲気はいい。



▼雲仙観光ホテル
画像





画像





画像





画像

熊本フェリー ~2011.12.22

長崎から島原を経由して、熊本へは高速フェリーで渡る。
海鳥に餌などあげて遊んでいると30分ほどで熊本港に着く。料金も800円と安い。
しかし、市内まではバスで50分ほどとやや時間がかかる。




画像




画像

熊本・旧大洋デパート  ~ダイエー熊本下通店 2011.12.24. 

1973年に火災で103人の死者を出した建物がそのままダイエーの店舗として利用されている。

火災で強度不足となった柱は、補強で異様に太く、おまけに鏡が張られている。
狭さを緩和させるためとも、霊は鏡を嫌うからとも言われているようだ。

8Fまで店舗があるものの使用されているのは7階まで。
8Fにつながる停止したエスカレータの先は真っ暗だった。



▼旧大洋デパート
画像




▼市電  ~長崎や熊本には路面電車がある。かなり便利な乗り物だ。。。
画像

猫がいる宿場町の町工場 ~赤羽・岩淵町 2011.12.31.

日光御成街道の岩淵宿。
岩の湯のある通りには、古い酒屋や廃業した古い食堂などが残っている。

大晦日は、岩の湯で一年の〆の湯に入る。
この建物は、岩の湯の2軒隣の建物。
町工場のようだった。軒の上で野良猫が休んでいる。。。

小生の古い家にも野良猫がよく2階の軒まで上がってくる。
玄関の庇の上が彼らにとっては暖かく居心地がいいようだ。





画像

旧福岡県立連歌町病院 ~北九州市若松 2011.12.17.


近くに連歌町遊廓があったため県立の病院が建てられたのだろうか。
細い道の奥に当時としては大きな建物だったはず。
時代からか、駐車場スペースなどは一切ない。

今年の春まで若松の労働組合評議会が使っていたけど、その組織が解散。
門は板で閉鎖されていた。

敷地の付属建物は既に解体。。。

ひょっとしたら、この建物も長くないのかも知れない感じだった。


▼旧福岡県立連歌町病院
画像

旧三菱合資会社若松支店(大正2年) ~北九州・若松 2011.12.17.

洞海湾を戸畑から若松へ若戸渡船で渡るといきなり古いビル群と遭遇する。

この「上野海運ビル」は、元々は三菱合資が建てた若松支店の建物。
ほぼ100年前のビルながら内部の造りには眼を見張る美しさがある。
隣接するビルにはスリーダイヤのマークが残っていた。



画像




画像




画像




画像

筑豊の石炭の積出し港として栄えた北九州若松 ~旧連歌遊廓の流れを組む”土井町” 2011.12.17

北九州・若松。筑豊の石炭の積み出し港として栄えた町。
旧連歌町遊廓は消失したものの、その流れを組む”赤線”が、
今も脈々と息づいているという噂がある。

寒い道に三人ほどのぽん引きとおぼしき人たちが固まって立っている。
店は表通りから奥に分け入ったバラックの建物なのだろうか。。。

ひと風呂浴びて鶴の湯の帰りにも、
強烈な寒さの中でやはり同じ人たちが佇んでいた。




画像





画像





画像

小倉・旦過市場 2011.12.18.

小倉の台所。旦過市場。
大阪の鶴橋の規模とディープさには及ばないもののかなりディープだった。

しかし、再開発組合が組織されている模様。
計画の進捗は分らないけど、こんな光景も失われていく方向にある。



▼旦過市場
画像

小倉駅前 大丸ビル名店街 2011.12.18.

小倉駅前の再開発予定地にある昭和30年台を彷彿とさせられる通路。
この路地を抜けると、ストリップ小屋や薔薇族専門の映画館、さらに進むと旧旭遊廓跡に広がる小倉のソープランド街に通じている。



▼小倉駅前
画像

十条駅前の古い長屋建物に入る喫茶店 ~2011.10.26.

十条銀座の入口近くにある木造の長屋に入る喫茶店。

小生はまだ未経験ですが、
気さくなマスターが、自家焙煎のこだわりの珈琲を出してくれる店ということです。。。

それにしても、十条銀座商店街、店が入れ替わる度に魅力が無くなっていく。。。


画像

旧遊廓跡の北九州・戸畑。そこにレンタルルーム”貸座敷”。。。 ~戸畑 2007.01.28.

北九州の若松と戸畑を結ぶ市営の渡船の船着き場。
その前に広がる旧築地町はかつて遊廓があった町。
今も微かに往時の名残がある。

かつて遊廓のことを”貸座敷”と言った。
何と戸畑を歩いていると”貸座敷”を英訳した看板が上がっているではないか。

玄関を入るとタイルで装飾されていて、遊廓時代の意匠がそのままに残っていた。

しかし、寂れきった北九州の戸畑で、レンタルルームとはこれ如何に。。。



▼旧遊廓跡の北九州・戸畑。そこのレンタルルーム。。。
画像