都市風景論

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤沢・善行 2003.04.24. 〜建物の階段は素敵だ

<<   作成日時 : 2011/09/21 22:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

建物の中でも特に階段が好きだ。
建物に入っても階段でシャッターを切る階数が特に多い。
それは、写真を始めた高校生時代から変わらない習性。。。

階段の魔術師・村野藤吾の螺旋階段の官能的とも思える螺旋階段はもちろん素晴らしい。

しかし、この建物の素朴な外階段も素敵だ。
時を経て隣にある立木とのバランスが何ともいい。。。

写真は、旧藤沢ゴルフクラブのテラスに付属する外階段。


▼旧藤沢ゴルフ倶楽部
画像


藤沢市善行7-1/昭和7年(1932) /設計:レーモンド/RC3階

特徴的なエメラルドグリーンの瓦の色から、「グリーンハウス」と呼ばれている。レーモンドの建築にしては異色のスパニッシュ調。施主の意向rらしい。

藤沢ゴルフ倶楽部は、昭和5年に発会、昭和6年12月に9ホールで仮オープン。そして、昭和7年5月に18ホールでグランドオープンしている。
総工費60万円もの巨費を投じて造られた、関東8大ゴルフ倶楽部に列せられる名門コースだったらしい。

しかし、昭和18年には、練習部隊だった藤沢海軍航空隊として徴用され、この建物は司令部となった。終戦後の昭和20年9月には米軍に接収。その後、クラブハウスは引き揚者住宅となった。その中には、左翼思想家の福本和夫がいたらしい。

昭和28年には神奈川県に移管された。現在は神奈川県立体育センターの第二合宿所とセンターの食堂「玉屋」になっている。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
藤沢・善行 2003.04.24. 〜建物の階段は素敵だ 都市風景論/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる